2022年1月2月の展示

「巡り巡る 色・形・想い」

1月2月の展示

開催概要

開室期間 2022/1/18(火)~ 2022/2/28(月)
休 室  日 2022/2/4(金)、2/10(木)、2/20(日)
開室時間 10:00~16:00 ※最終入室は15:30
入室料金 一般 600円 / 20歳未満は無料
※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は300円引き
※《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合がございますので、年齢のわかるものをご用意下さい
主  催 東京黎明アートルーム
会  場 東京黎明アートルーム
〒164-0003 東京都中野区東中野2-10-13
TEL 03-3369-1868

展覧会内容

日本初の磁器は江戸時代初期(1610年代頃)に肥前・有田で焼成されました。
本展覧会では、肥前で生み出された磁器のなかでも、白地に青一色でモチーフを描く染付と、肥前国佐賀郡を治めた佐賀藩(藩主が鍋島家であるため鍋島藩とも呼ばれる)直営の窯で製造された鍋島焼の青磁を展示します。
絵画は六曲一双の「花鳥図屏風」(狩野派 室町時代)、「百人一首画帳」(住吉具慶)に加え「諫鼓鳥図」(伊藤若冲)、孟母断機図(河鍋暁斎)など故事や伝説の主人公をあらわす絵画を4件展観します。
そのほか、アジアの仏教彫刻や岡田茂吉作品も展示します。
皆様のご来室を心よりお待ちしています。

【ご来室のみなさまへお願い】

お知らせ

ご来室いただくみなさまには以下のご協力をお願いいたします。
*マスクの着用にご協力をお願いいたします
*こまめな手洗いにご協力をお願いいたします
*入室時に検温を実施しております。37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入室をお断りすることがございます
*他の来室者の方と一定の距離をとり、拝観をお願いいたします
*館内で体調が悪化した場合は、スタッフまでお申し出ください